イエスのプロフィール

「WEB漫サイ」
次のページへ

    TOPへ

漫画家アシスタント人生30年!
生まれてここまであっと言う間の50年!
うれし恥ずかし人生目録・・・!

 1955年 昭和30年 9月某日 
 東京、世田谷区の牛乳屋の長男として誕生。

   写真) 背景は当時の世田谷、中里から三軒茶屋(!)方面。
        50年前の246号線は高速も歩道も無い。 地面もまだ
        舗装されていない(!)。
 

 1967年 昭和42年 
 小学校6年、自分の進路は漫画家と決めていた。 担任の先生(写真
 左上)は「頑張れよ」と励ましてくれたが、10年後に同窓会で会った
 時、私が漫画家アシスタントをしていると知った先生は「本気だったと
 は・・・あの時止めさせておくべきだった!」と、落ち込んでおられた。

   写真) 中央が私、左上が先生。私の夢を真に受けていなかった
 1968年 昭和43年〜1974年 昭和49年
 中学、高校 たいくつな生活・・・ そんな中での貴重な体験といえば、
 やはり、文学を教えてくれた田中先生との出会いか・・・・・。
 当時、頭にあったのは漫画の事だけ(Hな事も少し・・・)。 中学3年
 よりバイト(映画館のキップ切り)を始める。

   写真) 友人たちと神奈川県の三浦海岸へ行った時のもの。
 1974年 昭和49年 18歳の頃
 大学を1年の前期だけで中退(正確には除籍)。
 漫画家になるために自立。 フリーターを始める。

   原稿) 当時、制作した漫画のキャラクター。 同人誌用なので、
        薄ズミを使用。
 同年 昭和49年 
 19歳、 はじめての漫画家アシスタント。 先生は少女怪奇漫画家の
 さがみゆき先生。 単行本一冊分、3,4ヶ月のお手伝いでした。
  
   原稿) さがみゆき先生作「人喰い屋敷」(ひばり書房)の見開き
        タイトル部分。 この一冊だけのお手伝いでした。
 1975年 昭和50年
 20歳、ビル清掃、バス添乗員等のアルバイトを経て、かわぐちかいじ
 氏に師事。 この当時の氏は今ほど有名ではなく、師事する私自身
 その名を知りませんでした。 近くに住む漫画友達の紹介でアシスタ
 ントになりました。 背景技術はここで、みっちり仕込まれました。

   原稿) 単行本「人喰い屋敷」のあとがきに描いたイラストです。
 1976年 昭和51年 21歳
 漫画界一の豪傑と言われ、エピソードには事欠かない村野守美先生
 に師事。 一週間だけのお勤めでしたが、その強烈な印象は生涯忘
 れる事は無いと思います。

   写真)この当時住んでいた高円寺のアパートの自室座卓です。
       銀嶺荘・・・ 美しい名ですがボロボロのアパートでした。
 1978年 昭和53年 23歳
 ジョージ秋山先生の秋山プロへ入社。 当時「浮浪雲」(ビックコミック
 オリジナルに連載中)が、すごい人気で、渡哲也、桃井かおりの主演
 でTVドラマ化されたり、真崎守監督で劇場版アニメ化されたり、橋幸
 夫の舞台になったり・・・と。 そんな時代が今はなつかしく・・・。

   写真)秋山プロ入社当時の写真です。場所は仕事場の窓辺。
                  プロフィールのつづきをもう少し見る・・・